日産ディーラーの急速充電器(新型)でエラーが発生したら

SADA BLOG 東京サーバー シグナル配信

日産ディーラーの急速充電器(新型)でエラーが発生した場合の対処法

※ 日産ディーラーの充電器は注意が必要です。充電コネクタをしっかり押し込んでも、接続エラーになることがあり、一旦 エラーになると数十秒間 操作が出来なくなります。

1.準備

急速充電器のある駐車スペースに電気自動車を駐車し、NCS充電カードを準備する。

2.ケーブル接続

充電コネクタを電気自動車に接続する。力一杯押し込んだ後、2〜3回引っ張って接続を確認しましょう。(注意)このタイプの充電コネクタは、頻繁に接続エラーになります。

3.認証と充電開始

操作パネルに表示がない場合は「選択OK」を押します。

操作パネルから「選択OK」で 会員 を選択します。

NCS充電カードをタッチして、「ピッ」と音が鳴ったらカードを離しても大丈夫です。

表示が変わったら「選択OK」を押します。

次の表示になって、しばらく観察していましょう。

このようなエラーになることがあります。私の経験では、原因は2通りです。原因を知るために、本体の表示を確認しましょう。

この場合は、充電コネクタの接続不良です。充電コネクタを強く引っ張ると抜けますので、最初からやり直してください。

もう一つの原因は、電気自動車のシステム停止忘れです。電気自動車の電源をOFFにして、最初からやり直しましょう。

※ 一旦、エラーになると、数十秒間 操作が出来なくなるので、充電コネクタの接続は、必ず強く引っ張って確認しましょう。

ファミリーマートのEV急速充電器の使い方

2018.10.03

SADA BLOG 東京サーバー シグナル配信

ABOUTこの記事をかいた人

電気屋さんの家に生まれ、パソコン27台を買い替え、電気自動車・ガジェットなど電気製品に興味を引かれる福井県民。また、資格マニアで、第1種電気施工管理技術者・ドローン検定1級・アマ無線2級などをもつエンジニア。