長閑でレトロな駅舎(えちぜん鉄道永平寺口駅)登録有形文化財

スポンサーリンク

長閑でレトロな駅舎(えちぜん鉄道永平寺口駅)登録有形文化財

えちぜん鉄道永平寺口駅

「えちぜん鉄道永平寺口駅本屋」は、国の登録有形文化財に指定されています。通常時間帯は、地域の方が散歩をしているだけなので長閑です。無料駐車場もあるので、お車での観光も可能です。

えちぜん鉄道永平寺口駅本屋(国の登録有形文化財)

昔は永平寺口駅から永平寺門前も、鉄道が敷かれていましたが2002年 廃線になりました。廃線跡の道路は、自動走行実証実験の道路としても活用されています。

旧京都電燈古市変電所(国の登録有形文化財)

赤煉瓦の建築物は敦賀にもありますが、この「旧京都電燈古市変電所」も国の登録有形文化財に指定されています。電車を運行させるために1914年に建てられた赤煉瓦の変電所です。

地 図

_福井市から国道416号線を勝山市へ向かい、看板の案内に従い進めば到着できます。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井県情報へ
にほんブログ村【福井情報】ランキングに参加中

「永平寺」の自動走行車両に乗ってきた

2019.05.23

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

電気屋さんの家に生まれ、パソコン27台を買い替え、電気自動車・ガジェットなど電気製品に興味を引かれる福井県民。また、資格マニアで、第1種電気施工管理技術者・ドローン検定1級・アマ無線2級などをもつエンジニア。