日産e-nv200にはAC100V電源が装備されている(コンセント2箇所)

スポンサーリンク

日産e-nv200にはAC100V電源が装備されている(カーナビ下と助手席下)

先日はドローン空撮のため機体を点検すると、バッテリーが60%程度に自動放電しているのに気が付きました。家で充電する時間がなかったので、走行しながら充電してみました。AC100V コンセントを使用するときは、足元のスイッチを押してコンバータを起動します。インパネには、「AC_ON」の表示がされ、電気が使えるようになります。コンセントはカーナビ下に、DC12V(シガレット)とともに配置されています。USB端子・オーディオ端子と並んでおり、かつ蓋付なので、大変わかりにくい配置になっています。

トップの写真のように、助手席の下にもコンセントがあるので、前後でコンセントが使えます。コンセントは2箇所合わせて1,500Wの電力が使えます。ドローンの充電アダプターは50Wなので余裕で充電できますね。

_バッテリー残量警告(約20%)がでると、強制的にOFFになるので注意が必要です。

(考え方によっては)EVは冬季に向いている かも?

2019.01.15

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

電気屋さんの家に生まれ、パソコン27台を買い替え、電気自動車・ガジェットなど電気製品に興味を引かれる福井県民。また、資格マニアで、第1種電気施工管理技術者・ドローン検定1級・アマ無線2級などをもつエンジニア。