DJI Mavic Mini (日本特別モデル)飛行で比較的安全な空域はどこか

スポンサーリンク

DJI Mavic Mini(日本特別モデル)を発表

 DJI Mavic Mini (日本特別モデル)重量200g未満のドローンは、航空法の小型無人航空機の対象外ですが、公共の秩序を守り安全に飛行する義務があります。

 では、どこで飛行させれば良いのでしょうか。私のドローン飛行経験 約100時間の経験(許可・承認あり)から言えることは、地上付近よりも低空域(地上60m超から150m未満)の方が、安全に飛行出来ると思います。「えっ」と思うかもしれませんが、低空域の方が衝突事故を避けることが出来ます。

 航空法により60m以上の建造物・工作物は、航空障害灯・航空標識塗装(赤白)の設置義務があり、その場所は飛行を回避できます。また、低空を飛行するヘリコプター(ドクターヘリ・業務用ヘリ等除く)も150m以下は飛行禁止になっています。

 平地では道路が無い場合は少なく、道路交通法で交通を妨害すると罰せられます。しかし、航空法で地上工作物を規制しているため、60m超なら公共の秩序を守ることも可能でしょう。

ただし、墜落事故は絶対に許されません。国土交通省の飛行マニュアルに記載されている機体の日常点検(20時間毎の点検含む)と3ヶ月以内の飛行訓練を実施し、安全飛行の技能を維持しなければいけません。

プロペラガードについて

無人航空機に係る規制の解釈

 航空機の航行の安全並びに地上及び水上の人及び物件の安全が損なわれるおそれがないものとして、航空法施行規則第5条の2により、重量が 200 グラム未満のものは無人航空機の対象からは除外される。
重量が 200 グラム未満の無人航空機は、飛行可能時間等の機能・性能が限定されており、墜落等により人や物件に衝突した場合であっても、その被害はきわめて限定的であると考えられるとともに、主に屋内等の狭い範囲内での飛行となることに よるものである。
ここで、「重量」とは、無人航空機本体の重量及びバッテリーの重量の合計を指しており、バッテリー以外の取り外し可能な付属品の重量は含まないものとする。

 安全のためプロペラガードを装着して、安全飛行に努めましょう。

DJI Mavic Mini

主な仕様

  • 重量:249 g (海外)/ 199 g(日本)
  • 最大飛行速度:13 m/s (Sモード)
  • 最大飛行時間:30分(海外)/18分(日本)
  • ポジショニング:GPS+GLONASS
  • 検知システム:下方(0.5〜10m)
  • スタビライザー:3軸
  • カメラセンサー:1/2.3インチCMOS
  • 画素数:有効画素数:12 MP
  • 静止画:4:3(4K×3K)16:9(4K×2.25K)
  • 動画:最大2.7K30P/FHD60P
  • 伝送距離:4km(海外)/2km(日本)
  • 価格:46,200円(税込)

※ 模型飛行機(おもちゃ)が2km先まで飛ばせて、3軸ジンバルのカメラ(1/2.3センサー)搭載なんて信じられません。流石 DJI です。

外観

DJI Mavic Mini は安全飛行で楽しみましょう。

DJI Mavic Mini (日本特別モデル)の誤った情報発信が散見

2019.11.04

SADA BLOG 東京サーバー シグナル配信

ABOUTこの記事をかいた人

電気屋さんの家に生まれ、パソコン27台を買い替え、電気自動車・ガジェットなど電気製品に興味を引かれる福井県民。また、資格マニアで、第1種電気施工管理技術者・ドローン検定1級・アマ無線2級などをもつエンジニア。