福井市グリフィス記念館(福井の観光)

スポンサーリンク

福井市グリフィス記念館(福井の観光)のご紹介

福井藩によりグリフィスの居宅として建てられ、明治6年に焼失し復元された建造物てす。入館料は無料です。

お雇い外国人

お雇い外国人(おやといがいこくじん)は、幕末から明治にかけて、欧米の技術、学問、制度を導入して「殖産興業」と「富国強兵」を推し進めようとする政府や府県などによって雇用された外国人です。当時の日本人の中からは得がたい知識、経験、技術を持った人材でした。

「お雇い外国人」と呼ばれる人々は、日本の近代化に必要な西欧の先進技術や知識を単にもたらしただけではなく、彼らの日本滞在を通して日本人に海外の生活習慣を紹介し、また反対に日本の文化を海外に紹介する役割を果たしました。

出典:ウィキペディア

ウイリアム E. グリフィス

ウィリアム・エリオット・グリフィス(William Elliot Griffis, 1843年9月17日 – 1928年2月5日)は、アメリカ合衆国出身のお雇い外国人、理科教師、牧師、著述家、日本学者、東洋学者です。明治時代初期に来日し、福井と東京で教鞭をとり、帰国後は日本の紹介につとめました。

日本滞在中に記した日記や書簡、収集した資料は、グリフィス・コレクションとしてラトガース大学アレクサンダー図書館に収蔵されています。日下部やグリフィスの縁で、ラトガース大学のあるニューブランズウィック市と福井市は1982年に姉妹都市提携を結んでいます。

出典:ウィキペディア

福井市グリフィス記念館

_近くの駐車場は月極めばかりなので、自転車での移動または徒歩による散歩をオススメします。福井駅から徒歩で10分程度の距離なので手軽に観光できます。

地 図

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井県情報へ
にほんブログ村【福井情報】ランキングに参加中

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

電気屋さんの家に生まれ、パソコン27台を買い替え、電気自動車・ガジェットなど電気製品に興味を引かれる福井県民。また、資格マニアで、第1種電気施工管理技術者・ドローン検定1級・アマ無線2級などをもつエンジニア。